2012年10月

ブログネタ
正義の味方 に参加中!

○東京電力から、電力自由化部門(6000Vなど)の電気を仕入れる
これは、規制部門よりもずっと安く購入できる。


○この電気を家庭に小売する



●変電設備を作らなければならないが、


(一般家庭など100Vの電気)規制部門の電気料金は、経済産業大臣の認可を受けて決定している。

つまり、経済産業大臣が値下げさせる権限を持っている。




経済産業大臣に、値下げをさせれば、 東京電力の電気料金を値下げできる。

↑このページのトップヘ