書類と手続き

2013年05月

ブログネタ
再就職への道 に参加中!
リクナビのプライベートオファーは、企業は全然求職者のことなんか調べていません。

こんなの嘘ですからね。
職務経歴欄を見直し、プライベートオファーを獲得しよう!







企業側に何故、プライベートオファーを送ったのですか?
ということをしつこく質問したのですが、その結果わかったことは

・リクナビユーザの注目度を上げるためにプライベートオファーを送っている。

・そもそもリクナビNEXTで求職者が企業からのオファーに返事する確率が10%以下であり、想像以上に求職者は少ない

・プライベートオファーは、求人企業ではなく(リクルートなど)代理のエージェントが、企業から聞いた情報などから適当に送っていることもある

・なんでもいいから多くの求職者を集めたいので、こういうことをしている。
・プライベートオファーから応募した求職者の採用率は、他と比べて大して高くない。

○プライベートオファーを出して、求職者が面接を希望するなら、必ず、企業は面接しなければならない。

にも関わらず、面接しない企業が、あります。



リクナビNEXTの例をあげましたが、他の求人サイトでも、[面接保証]などのオファーは大体似たようなもので、手当たり次第に出してると思うべきです。
あなたのことなんか全然、特別扱いしていません。










こんなにお金と手間をかけてるにマッチングが出来ないということが、日本の人事制度が異常過ぎることの傍証です。

端的に言って、リクルートなど、人材業界が金をぼったくるためだけのシステムです。

転職をするにあたって、転職エージェントを利用するという選択肢があるのですが、
特に、入社2,3年目の若手はあまりそれを知らないようです。



さて中小の転職エージェントなんて全然役に立ちません
ということです。

リクナビNEXTなんかで、エージェント経由の紹介が来ることがありますが、
特に、規模が小さい会社ほど、役に立たない、もっと言うと、そもそも仕事をしないと思ってください。
すなわち、二度と連絡をよこしません

<!--

個人的経験で、ちゃんと仕事してると思った会社は

しつこく連絡くれます。

・株式会社ワークポート
・株式会社リクルートエージェント
・株式会社キャリアデザインセンター(@TYPE)


一応、企業とやり取りした結果は伝えます。

・株式会社ギークリー

・インテリジェンス (DODA)





-->






二度と連絡をよこさなかった会社


株式会社アールストー■
エグゼクティブエージェン■
株式会社エリートネットワー■
株式会社ブライツ・アンド・カンパニ■
株式会社ディス■(DISC■)
エンワールド・ジャパ■株式会社
株式会社エーアイエ■



他にも、形だけの連絡しかよこさない会社はたくさんあります。
貴方をスカウトします
と言っておきながら、
やっぱり無理です。と言ってくる会社は、小さい会社が多いです。

ブログネタ
Facebookの実名公開に抵抗ある? に参加中!

ココナラで、出品者から返事が無い場合、このように自動的に解除がなされます。
つまり、もしあなたが出品者で、購入者のお願いがちょっと無茶だと思ったら、無視してってことのようです。





以下のサービスについて、あなたのお願いは出品者から最初の返信を一定期間以内にいただけなかったため、自動的にキャンセルされました。
"xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx"

お楽しみにして頂いたところ、残念な結果となり申し訳ございません。

今回お支払い頂いた代金は、次回のサービス購入時にそのままお使いいただけます。
どのサービスの購入にもご利用可能ですので、これを機会に、興味があるサービスを探してみてはいかがでしょうか。
http://coconala.com





このページのトップヘ