書類と手続き

2014年04月

実際に個人レベルでの面接対策を受けてわかったことですが


※新卒・中途採用 共通ですが

多くの面接個人指導
面接をレッスンするという触れ込みの面接対策教室は、


○特に対象とする職種別に行ってはおらず、
○専門分野について面接官がどのような質問をするのかわからない
ので、
○職種、業種の専門に入らない部分での対策になります。


志望動機、自己PRなど中心に専門分野に入らない部分で
想定される質問を行い
面接マナー、本来あるべき面接ができているか
しっかりと自分をアピール出来ているかをチェックする。

という内容です。




ですので、
本当に基礎レベルの対策しかしません。


少しでも専門的な業務をする職種ですと全然役に立たないでしょう

実際に搬送された経験からすると、


実際に救急車が現場に到着しても、「患者」または救急隊員の判断で
搬送をしない事はあります。



救急車内で、何度も意識レベルの確認します。
具体的には、
「お名前言えますか?」などの質問
加えて眼にライトをあてて瞳孔を確認します。


この時、多くの場合、
勝手に荷物の中身などを調べられます。



その日の指定救急病院に搬送されます。
これは、現場から一番近い場所が自動的に選ばれます。



書類と手続きは、ここからが重要です。




・病院では自動的(強制的)に診察券が作られます。
・保険証を持っていないと、保険料なしの金額の支払いをされます。




・応急処置だけで済む場合とそうでない場合があります。
・そのまま自動的に入院の可能性もあります。


○家族などが迎えに来るまで帰れない。
○一人で直に帰っていい
これらは、単純に医師の判断に依ります。

このページのトップヘ