カテゴリ: 特殊な病気


複数の医療機関で検査を受けましたが、医院によってやることがかなり違います。

  • 検査の情報について説明がある場合とない場合があります。
説明が口頭の場合もあり、書面の場合もあります。
  • 検査結果についてSNS等で吹聴しない承諾書を書かされる場合もあります

  • 抗体検査キットの多くは研究用試薬であり、研究用でのみ使用可能となっています。
検査を受ける側の立場ではあまり重要なことではありません。

  • 抗体検査は保険適応されません。 採血検査の検体を抗体検査にも使いますが、病気の疑いがないのに採血することは違法です











 

あまり気にする事は少ないと思いますが
病院で出された処方箋には有効期限があり
それを過ぎると、薬局に出しても薬を処方してもらえなくなります。

多くの場合は1週間ですが
処方箋をよく見ると期限が書いてあると思います。

期限切れは意外と厳しく、薬を出してもらえません。


まず、 検査前日の午後9時以降 食べ物も飲み物も摂取してはいけません。 


検査前に液体の胃洗浄薬を飲みます。
非常に不味く空の胃に入れる事が非常に辛いです。

次に喉の麻酔を飲みます。
これも非常に不味く乾いている喉に非常に辛いです。


胃カメラは呼吸が一番の苦痛です。


そして検査が終わっても苦痛は継続します


麻酔が1,2時間は継続しますので、水を飲む事も出来ません。
さらに、喉が麻痺して上手く呼吸が出来ません。

障害年金を受けている人は出さなければなりません。
診断書は提出する年の誕生月に診断を受けて医師に作成してもらいます。前月などでは作成してはもらえません。
 

診断書を提出する先は、
年金機構ではなく役所でいいです
役所に出す場合は国民年金課の方へ出します。

↑このページのトップヘ