書類と手続き

カテゴリ : 政策

締め切りは20:00ですが その時既に投票所に長い行列が出来ていて
期限までに投票出来なかったらどうなるのでしょうか?

一つの答えですが
行列の最後に8時までに並べば、受け付けてもらえます。

しかしチェックが曖昧なので人数が少ない投票所などだと、その辺はいい加減になるかもしれません。

一つの答えと言うのは、多分
投票所によって対応が変わってくると思われるからです。
 
だから、その辺がいい加減になるかもしれません。

タスク形式の業務でも、
プロジェクト方式であっても、
秘密保持契約は自動的には結ばれません


それは、規約をじっくりと読むとわかります。

各社事務局の方にも確認しましたが、
秘密保持契約は結ばれない」と回答をもらいました。


作業者に秘密保持をして欲しかったら、
別途、秘密保持契約を締結する手続きをしてください
という事でした。 
 

ブログネタ
日々のこと に参加中!


聞いてきましたが、基本的には、
違法な約束でなければ

どんな約束でも
記録してくれます。

単純な取引ではない条件付き契約などは公証役場に行って記録してもらえば良いです。
最も、その契約が本当に履行されるかどうかはまた別問題ですが

契約が履行を請求する際の非常に強力な根拠となります。




例えば具体的には

・X氏が条件Aを満たした時Z社はX氏を雇用しなければならない
とか

・I氏が条件Wを満たし同時にJ氏が条件Tを満たすならば J氏はI氏に....


とか、そんなのも可能です

シェアオフィス運営会社は美辞麗句で客を集めているだけです。
もっと言うと、シェアオフィスの客は、オフィスの客寄せパンダであり、オフィスの売り物、商品 であるということです。



「あの人が使ってるシェアオフィスだからきっとすごい」

「使いたい!」

と煽るために客は利用されるのです。

個人ブランドのネームバリューを搾取されてると言えなくもないです。



だから運営会社は利用価値がある客かどうか値踏みします。







何のかんの理由を付けて利用を、契約を断る会社が有ります。

客を選ぶ権利はありますが、
だったら、 審査します。客を選別します。厳しく審査します と明記しておけ という話ですよ。

にもかかわらず、「誰でも受け入れます」みたいな虚飾を語るなという話ですよ。

このページのトップヘ