書類と手続き

カテゴリ : 雇用保険

ブログネタ
ネット・ブログにおけるジャーナリズム に参加中!

忘れがちですが、自動的に喪失するのは
 社会保険 です。


国民健康保険への切り替え手続きには
・解雇日が分かるもの
があれば十分です。 これを持って自治体の役所に行きます。
国民健康保険は、自動的に、入らなければならなくなります



もうひとつ、
 厚生年金 です。

・基礎年金番号 が必要になるはずです。
国民年金への切り替えは自動的には行われません


ほとんどの役所で、これらの窓口は同じ場所に有ると思います。
一方の窓口に行けば、(もう一方で手続きがまだなら)もう一方へ行くように言われます。













解雇された場合
国民年金保険料の免除、納付猶予申請 ができます。

これで短期的にはいくらかの保険料が免除されますが、最終的には追納しなければいけないので、
この制度の費用対効果はそれほどでもないかもしれません。

ブログネタ
あなたの人生観を変えた出来事、ありますか? に参加中!

普通、解雇に関する書類と一緒に、
会社からはハローワークに提出する書類を渡されます。(そのはずです)
渡されないなら、労働基準監督所、ハローワークでその旨を伝えてください。


雇用保険を受け取っても、解雇を認めたことにはなりません
雇用保険を受け取りながら、解雇撤回を争うことは出来ます



実際には受け取りまで少し時間がかかります。


1 ハローワークで雇用保険受け取りの書類を提出する。
○月○日 ○時に 来てください と指示されます。


2 ハローワークで雇用保険受け取りの説明会
これに出席しなければいけません。 2,3時間ぐらいかかります。
○月○日までに支払われます。 と、連絡があります。


3 約1か月ごとに、その月の就職活動と結果についてハローワークの再就職支援課に行きます。
その際、次の支払日と、次にハローワークに来る日について連絡されます。







この間、アルバイトなど
1円でも報酬が発生する仕事をした場合は、それを報告しなければいけません。


このページのトップヘ